すしコラム

おれスパコン (8bit)

他人のために身銭を切ること

スポンサードリンク


f:id:osushinocosmo:20160529160936j:plain

僕、阿部サダヲが出演するコメディ映画やドラマが大好きなんですよ。

阿部サダヲを勝手にコメディの帝王だと思ってるくらいです。

で、一昨日阿部サダヲ主演の「殿、利息でござる!」を観に行ってきまして、

 

tono-gozaru.jp

てっきり痛快爆笑コメディだと思って観ていたんですが、いつまでたっても一向に笑うポイントが出てこないんですよ。

なんとこれ、コメディじゃなくて感動映画だったっていう・・・。

 

ええええ! 阿部サダヲが出演してコメディじゃないなんてありえるの!?

阿部サダヲの無駄遣いじゃないの!?

 

いやでもこれね、実話を基にした話みたいなんですけど、

ほえええええ~!!

って感心しちゃいましたね。

 

町がお上に上納する年貢で苦しくて破産したり夜逃げする人が後を絶たないから、9人で1000両(三億円)かき集めてそれをお上に貸して利息で町を潤そうって話ですよ。

もちろんかなり苦難に満ちた過程です。

これ出資する人自身は何の得にもならないのに、家財道具まで売り払ってますからね。

しかも噂にならないよう水面下でお金を集めるので、つつしみの掟なんてのも作って人前で偉そうに振る舞うことを禁じてる訳です。

 

自分の財産を惜しみなく町のために使うってなかなかできることじゃないですよ。

できてもせいぜい懐が痛まない程度ですね。

 

最近読んだ「夢をかなえるゾウ」(飛鳥新社出版)に出てくるガネーシャの課題に「コンビニでお釣りを募金する」ってのがありまして

世の中の人を喜ばせたいっちゅう気持ちを素直に大きくしていくことが大事やねん。そやから寄付すんねん。自分はとにかく人を喜ばせたいし、助けたい。そういう人間になることや。 (引用)

世界的大富豪のロックフェラーも全然金持ちじゃない若いころから習慣で収入の一割を寄付してたんですよ。 

ユダヤ人の律法書の中にも「汝の収入の10パーセントを分け与えよ」って書かれてるくらいです。

 

僕もね、ケチでセコイ男だけど、夢をかなえるゾウ読んでからコンビニでお釣りを数円募金するようになりましたよ。

たった数円で気持ちよくなれて自己肯定感も高められるのでオススメです。

 

なんか最終的に自分の小ささを露呈する記事になりました。

 

夢をかなえるゾウ文庫版 夢をかなえるゾウ文庫版
水野敬也

飛鳥新社
売り上げランキング : 200

Amazonで詳しく見る by AZlink